女性育毛剤Top > 育毛剤の選び方 > 女性育毛剤の相場 > 女性用育毛剤の価格、相場について

女性用育毛剤の価格、相場について

女性用育毛剤の購入を決める時に気になるのが価格です。 また効果を得るために一番大事なのは使い続けること、というのが女性用育毛剤の常識ですから、1本当たりのお値段は重要ですね。

もちろん少しでも安い方が助かりますが、安すぎるものだと育毛効果自体が期待できないこともあります。 ただ、相場が分かっていないと、購入しようと思っているものが高いのか安いのかも分かりません。 いずれにしても、女性用育毛剤の価格は家計に直結するものですから、しっかり調べておきましょう。



・女性用育毛剤の相場
本来なら相場がはっきり分かれば良いのですが、女性用育毛剤は医薬品と医薬部外品があり、当然ですが医薬品の方が高額です。 一方、医薬部外品は安いものから高額なものまで幅広い価格帯になっているので、残念ながら価格を決める目安となる相場は数字が出せないのが実情です。売れ筋の女性用育毛剤は4,000円から5,000円前後です。男性用が10,000円近いので、女性用育毛剤の方が安めです。

それでは何が高いのか安いのか判断できない、と思うかもしれません。 自分が定期的に購入できるかどうか、それが負担になりすぎないかどうかが肝心です。 懐事情はそれぞれ違いますから、相場がわかったとしてもそれより安い商品じゃないと購入し続けられないこともあるでしょう。

相場より安いものじゃどうせ効果も低いだろう、と適当な使い方をしてしまったら、それこそ育毛効果を得られなくなってしまいます。 ですので、相場を気にするのではなく、自分がどのぐらい女性用育毛剤にお金をかけられるかを基準にして選ぶのが正解です。

育毛剤の値段は、使い続ける上でとても大切ですが、安すぎる育毛剤には注意が必要です。 相場より安い育毛剤は、有効成分もほとんど入っていませんし、薄めてあるので効果はほとんどありません。 薄毛予防の効果があるかもしれませんが、すでに薄毛になっている場合は有効成分の含有量と濃度が重要なので、値段を基準に選ぶのは絶対にやめましょう。


・育毛剤の役割
育毛剤は、顔のスキンケアでいうと美容液の役割を持っていると言えます。 美容液というのは、不足している栄養分や保湿成分を補ったり、有効成分を高濃度で配合している基礎化粧品で、肌の特定の悩みを改善するために使います。

育毛剤も栄養分や保湿成分、生薬がたっぷり配合されていますし、髪の悩みを改善するための有効成分が配合されていることが大切です。


・価格の重要性
使い続ける上で価格はとても重要なウエイトを占めますが、それだけに捕らわれてしまったら、効果の高い育毛剤を選べないかもしれません。 高ければ良いというものではありませんが、低価格の育毛剤は有効成分の濃度が低いなどそれなりの品質になってしまいます。

有効成分が十分に配合されていなければ効果は得られないので、育毛のためには価格よりも有効成分を重視しましょう。 育毛剤は髪を育てるために使う、という本来の目的を忘れず、有効成分をしっかり確認してから値段で選ぶようにするといいですね。

有効成分として有名なのはセンブリエキス、ニンジンエキス、酢酸トコフェロールなどの血流改善成分、グリチルリチン酸2k、ジフェンヒドラミン塩酸塩などの炎症抑制成分が有名です。その他、最近ではオリゴペプチドなどの成長因子、殺菌作用のあるピロクトンオラミンなどが配合された女性用育毛剤も登場しています。

HOME