女性育毛剤Top > 薄毛、抜け毛改善 > 遺伝 > 女性の薄毛と遺伝の関係

女性の薄毛と遺伝の関係

遺伝による薄毛と言えば、男性が殆どです。しかし、女性の薄毛も遺伝子が関係している事があります。ここでは遺伝と女性の薄毛の関係などについて紹介します。



・女性の薄毛と遺伝について
男性型脱毛の多くは男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンの分泌量やレセプターの感受性などは遺伝の影響をうけます。男性ホルモンは特殊酵素によってDHTに変化します。DHTはレセプターと結合することで、ヘアサイクルが乱れてしまいます。

女性の場合も、女性ホルモンの分泌などは遺伝の影響を受けています。女性ホルモンの分泌量が低下しやすい人、低下する時期などは遺伝と関係があります。女性ホルモンには細胞代謝、皮脂分泌、骨密度などに影響を与えます。

また、女性にも男性ホルモンはありますが、男性よりも遥かに少ない量です。50代以降、女性ホルモンが殆ど分泌しなくなった時期に、男性ホルモンの影響を受けて薄毛になる女性もいます。しかし、男性に比べれば遺伝による薄毛はかなり少ないです。

・遺伝による薄毛対策について
女性の薄毛の原因の多くは女性ホルモンです。女性ホルモンの減少によって代謝が下がり、抜け毛は増えてきます。女性ホルモンの減少を止めることはできませんが、日頃の生活習慣を改善する事は、薄毛対策に欠かせません。

薄毛対策で大事なのは睡眠、食事、運動です。睡眠をシッカリ取ることは成長ホルモンの分泌を促進します。そして、睡眠不足はホルモンバランスの乱れの原因となり、薄毛を引き起こします。適度な運動も大事です。運動によって血流を良くすることで卵巣の働きは活発になり、ホルモンバランスは改善します。

食生活では大豆をシッカリ摂る事が大事です。大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモン作用があります。その他、毛髪の原料となるタンパク質、タンパク質の代謝をサポートする亜鉛、ビタミンB郡なども、薄毛対策には欠かせません。

HOME